お金のこと」カテゴリーアーカイブ

スマホ決済

スマホ決済を利用してみた

2020年のオリンピック開催に向けて政府主導でキャッシュレス化を推進している関係で、スマホ決済に注目が集まっています。
CMでよく還元キャンペーンをやっているスマホ決済について調べてみました。

スマホ決済とは

決済アプリによって支払いを行うサービスです。PaypayやLinePayなど色々な会社がサービスをしています。
財布やカードを持たなくてもスマホだけで支払いができるのは便利。
アプリやQRコードを読み取るだけで決済完了です。

メリット

まず、お金を持ち歩く必要がありません。お金の受け渡しがなくスマホだけで決済できるので簡単です。
そして、クレジットカードと同様、ポイント還元があります。
Paypayだと最大3.0%の付与がつき、キャンペーン期間中だと20%になることもあるので、現金で支払うよりかなりお得です。
クレジットカードを登録するとクレジットカード分のポイント還元もあるので二重でポイントを受け取れます。
個人送金の機能があり、遠くにいる友達にお祝い金を送ることや飲み会の割り勘で役立ちます。

デメリット

政府が主導で普及を目指しているため、使えるお店が増えているとはいえ、すべてのお店で使えません。
また、サービスによっては利用できたり、できなかったりするので事前にチェックしておきましょう。
現金しか受け付けないお店もあるので、財布を持ち歩く必要があります。
当然ですが、スマホが充電されていないと使えません。電池の残量はしっかりとチェックを。

スマホ決済ができるアプリ

PayPay

2018年12月に「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題になったPaypay。このキャンペーンから利用した人も多いと思います。
ソフトバンクグループが出資していて今後もキャンペーンをしていくそうです。

LINEPay

スマホを持っている人ならほとんどの人が使っているのではないでしょうか。LINEの決済アプリです。
割り勘や送金が簡単でイベントで重宝します。

楽天Pay

ショッピングサイトの楽天グループが運用する決済アプリ。
楽天ポイントポイントを貯めやすく、対応店舗の多さが魅力です。

メルペイ

フリマアプリ「メルカリ」の決済アプリです。メルカリの売上金を実店舗でも使えるのは便利。銀行口座から手数料なしでチャージもできます。
コード払いとiDに対応しています。

d払い

携帯会社のNTTドコモが提供する決済アプリ。dアカウントを持っていればドコモユーザーでなくても利用可能。
決済方法は携帯料金支払いと同時に請求されます。

エレベーターホール

いつかは高級マンションに住みたい

俺は現在フリーターですがいつかお金が稼げるようになったら、高級マンションに住んでみたいという憧れを抱きました。理由は今どきの高級マンションについて知る機会があったからです。

最近では立地の良い環境と共に広々とした作り、様々なサービスや設備を整えている高級マンションが多いようだ。

高級マンションでは常識になっているところ

管理体制

24時間365日体制で、管理人や警備員がいるのが常識らしい。ストーカーや子どもの誘拐事件など物騒な事件が多い中、いつか父になって家族の安全を考えたると安心な生活がおくれるって魅力的です。

クリーニングサービス

コンシェルジュと呼ばれる管理人さんがマンションに在中しているのが常識の今は、エントランスでクリーニングサービスを受けられるのも普通だそうです。仕事に出る時に洋服をクリーニングにだして部屋に上がる時に受けとれる。いつもシャキッと仕上がったシャツを着て過ごすってカッコいい。憧れます。

注意点もある

ベランダでのタバコは禁止が暗黙のルール。周りの部屋の洗濯物についてしまったり吸殻が隣の部屋に入ってしまったりするかです。ベランダでのトラブルが多い事から、管理規約として定めているケースが多くあります。喫煙者の方が入る場合は事前に確認しておくといいでしょう。

また、ベランダに布団や洗濯物が干せません。理由としてはステータスを魅力として売り出している高級マンションは、生活感が漂う布団や洗濯物が外観のイメージを損ねてしまうからです。

他にも、世帯数の多い高級マンション。高層階に住む場合にはエレベーターの待ち時間が長くなる傾向があります。朝の通勤時間になると一時的に利用者が増えるかです。エレベーターの待ち時間も考慮して家を出る必要がありますね。

高級マンションを賃貸で借りる人について

もし俺だったら賃貸ではなく購入を考えたくなるところですが、毎月の家賃が数百万の高級マンションを借りる人もいます。その理由にはひとつの所に、ずっと住んでいられない理由があるからです。

例えば芸能人。プライベートについて調べられる事が多いので、定期的に引っ越す人が多いようです。住人同士がすれ違わない作りになっている高級マンションもあるので、プライバシー管理を重視する芸能人は高級マンションを賃貸で借りる傾向があります。

高給取りになったら高級マンションに住みたい。と漠然と考えているだけではなく、金額についても把握しておかなければならない。購入する場合は平均が6千万前後。賃貸ならピンキリで十万円代から数百万と幅も広いだろう。その他には立地で金額に差が出るので、住みたい街についても考えようと思う。

婚約

結婚ってどのくらい費用がかかるのだろう・・・

結婚する友人が周りに増えてきた

最近は結婚式に招待される事が多くなりました。こないだまで友達同士で集まった時には、結婚はまだまだだね。と話していたところだったのに、将来の計画をちゃんと考えていたのを知って尊敬します。

他にもSNSで学生の頃の友人が、結婚式を挙げている様子がアップされていました。俺もそろそろ結婚について考えてなければと焦りを感じますね。結婚費用ってどれくらいかかるのか知らなかったので調べてみる事にしました。

最低でも300万円?結婚資金について

まずは結婚指輪や婚約指輪の購入費用が平均17万円。それから顔合わせの食事会や結納費用に23万円。結婚式・披露宴が約300万円合計すると最低でも300万円が必要なります。

この計算には、結納金の有無や結婚式の規模については入れていないので、さらに金額が上がりそうだ。
ちなみに、新婚旅行にかかる費用の相場は50万円とありました。結婚式に人気の時期は旅行の多いシーズンに重なり、費用も高めなっているらしい。結婚を決めた相手の希望はなるべく叶えてあげたいのが男ってもんですよね。今の内から結婚資金の準備について考えてなければと思いました。

結婚資金の節約方法も調べてみた

結婚相手との相談が大切と記事に載っていました。全てに好きなだけお金をかけるのは、やはり難しいからです。例えばプロポーズから新婚旅行まで、様々なプロセスがある中で「指輪」にお金をかけたから「結婚式」の費用を節約しよう!という相談があると、うまく資金を使う事ができます。最近人気が高まっているジュエリーのブランドのなか、結婚指輪「鍛造」というところは、価格は手頃だけど丈夫で変形しにくいため非常にコスパが良いと評判がいいです。このようなブランドも検討してみるのも良いでしょう。他にも新婚旅行へ行く場所を近場にしたりオフシーズンに予定を組んだりすると、予算内で新婚旅行に行く事ができるとありました。

結婚式費用が予算オーバーになる原因

結婚式の費用では、予想外に出費がかかるケースが多くあるようです。例えば、招待客にあわせたドリンクのプラン。スタンダードなメニュー以外に、カクテルや日本酒などが入っている場合、参加人数によっては膨大な追加料金がかかります。また、引き出物を入れる紙袋代。こちらも引き出物に付いているものだと思いがちですが、個数分の追加料金がかかっているケースがあるようです。結婚式の担当者と事前にコストがかかりそうなところを聞いてみるのも、大切ですね。結婚式って考える事が多くとても大変なイベントだと思いました。

ついつい、将来の事を考えて調べている内に細かなところまで調べる事ができました。周りの結婚した友人からもアドバイスをもらって将来に備えたいと思います。