バイトのこと」カテゴリーアーカイブ

面接

バイトを続ける理由

大学を卒業して新卒で就職せず、今はフリーター。

満足いく給料も得られず、毎月ギリギリの生活です。よく「まだ若いのに」とか、「もっとちゃんとした仕事に就いた方がいい」と言われることもありますが、
フリーターにはフリーターの良さがあります。

正社員ではなくバイトにこだわる理由

なぜ、頑なにフリーターとしてアルバイトで暮らしているかというと、まともに就職した同じ大学の友人が苦労している姿を見たからです。大学生だった当時は、希望する企業の内定がもらえて意気揚々としていました。
ですが、実際に働き始めて楽しそうにしているのを見たことがありません。

たまに、一緒に食事をしながら話を聞くのですが、

  • 激務
  • 定時に帰ったことがない
  • 仕事に関する勉強に時間を取られて趣味を楽しむ時間がない
  • 休日出勤をすることもあり、有給も取らせてもらえない

など。

すっかり疲れ切っている友人の姿を見ると、正社員として働くことが絶対じゃないんじゃないだろうかと思いました。

バイトの良いところ

そんな疲れ切っていながらも正社員として働き続ける友人をよそに自分はアルバイトをしていますが、自分の考えるアルバイトの良い点を挙げたいと思います。

スキルアップを求められない
正社員と違って、スキルアップとか努力することを求められません。
正社員というポジションだとどうしても、会社の発展のために能力を高めていくことがもとめられますが、アルバイトとしてのポジションだと人手不足を補うためというのが前提にあり、それほどスキルアップを強く求められません。
就業時間にメリハリがある
会社にもよるかもしれませんが、アルバイトは定時にすぐ上がれます。
正社員の場合は、会議や業務の後処理などで定時以降に残るということも少なくありません。
責任の重い仕事を任されずに済む
正社員の場合、将来会社を担う人材に成長していくことを期待して時には、責任の重い仕事を任せることもあります。
やりきれば、大きな自己成長につながるのかもしれませんが、その過程においてはストレスを感じることも多く気苦労は絶えないでしょう。

アルバイトの方が、正社員より良い点を挙げましたが逆もあります。

アルバイトの悪いところ

待遇に差がある
住宅手当や家族手当など、時給と交通費だけのアルバイトに比べると手厚い待遇が正社員にはあります。
会社への貢献度合いからするとしょうがないことかもしれません。
仕事のやりがい
責任の重い仕事を任されずに済みますが、ずっと補助的な仕事…
いずれ仕事の面白みを感じなくなるかもしれません。
所得が不安定
正社員として月給制での給与なら、会社が休みの日も丸々月で計算した給与がもらえます。アルバイトの場合、多くは時給制での給与です。
時給制の場合、働いた時間の分給与がもらえるという仕組みなので、ゴールデンウィークや年末年始など会社が休みの日が続くと、収入がゼロということもありえます。場合によっては、会社が休みの間仕方なく、他でアルバイトをするということも。

メリット・デメリットそれぞれあるアルバイトで暮らすフリーター生活ですが、将来のことを考えるとずっとこのままではいけないと考えています。

今の職場で正社員登用を目指すか、もしくは転職するかは分かりませんが、安定した生活を手に入れたいです。

温泉

良かったバイト

現在、社会人として、大手飲食店でアルバイトを続けている自分。

振り返ってみると、これまで色々なアルバイトをしてきたなと思います。たくさんやってきた中で、楽しいものや辛いもの等ありました。
今回は、自分がこれまでやってきたアルバイトについて紹介します。

今アルバイトを探してるって人は、普通のアルバイトだけじゃなくちょっと変わったアルバイトに目を向けてみるのもおすすめです。

これまでのアルバイトでやって良かったもの

これまでのアルバイトでやって良かったと思える仕事は、

  • リゾート系のアルバイト
  • イベント系のアルバイト

の二つです。

どちらのアルバイトも期間が決まっていて、その期間内だけというものですが、期間の間楽しく働けました。リゾート系のアルバイトは、リゾートを楽しみながら働けるのが魅力です。
スキー場や温泉旅館といった観光地で住み込みという形で働くんですが、現地までの交通費はタダ、働きながらスキーや温泉に入れるので、ちょっとした旅行気分でした。

給料

気になる給料ですが、自分が行ったところは他の求人より時給が高めでした。求人の時期や仕事内容によって結構開きがあるみたいです。
仕事が楽なところは人気ですぐ埋まるとか。

仕事で楽だったこと

スキー場の仕事は、チケット係やリフト係という仕事がありますが、楽だった記憶です。お客さんの対応をする時間とそうでない時間とでオン/オフの差が結構あって、オンの時は忙しくて大変ですが、オフの時はすることもなくゆったりしているだけで、時間が過ぎていきました。何もしないでOKって、すごい仕事です。

仕事で辛かったこと

スキー場の仕事とはうってかわって、辛かったのが、温泉旅館の仕事です。当初、フロントだけという仕事内容だったんですが、実際に働くと話が違いました。
フロントとして働きつつ、配膳や調理場が忙しくなってくるとそこに駆り出されるという感じ。しかも、朝が早いので、普段早起きをする習慣がないから慣れるまで大変でした。
一日の激務の疲れをいやす温泉が、体に染み渡りました。

仕事の期間

仕事の期間は、どちらも三カ月間でした。繁忙期の人手不足を賄うための人員補充なので、その期間だけのようです。

リゾート系のアルバイトは毎年あるので、スキー場のアルバイトであればまたやってみたいなとたまに思いますが、固定で働いているのでそうもいかないというのが現状です。アルバイトとしてじゃなく、旅行で楽しもうと考えています。

一定期間、住み込みで働くアルバイトは珍しい部類に入るアルバイトですが、もう一つレアなアルバイトがあります。イベント系のアルバイトです。ライブや何かのイベントの時だけのアルバイトで、一日だけもしくは数日という期間で働きます。
時給は、普段の仕事より1~2割近く高いのですごく魅力的ですが、たまに自分の好きなアーティストのライブスタッフといった仕事もあります。
ありつけたらかなりラッキーです。
仕事自体も楽なものが多いので、求人があったら埋まる前に即応募した方が良いですよ。

コンビニとか飲食店のアルバイトもいいけど、人と変わったアルバイトも他と違った経験ができるので良い思い出になりますよ。タイミングが合うようなら、試しに働いてみては。

そんな理不尽な

居酒屋でバイトをしていると
必ずといってよいほど遭遇するのが理不尽なクレームです。

まあ、毎日のお仕事が辛いんだろうなーとか、
体力が弱くなってきて酔いやすくなったのかなーとか、
いろいろ弁護をしようと思えば出来ないこともないですが。

実際に目の前でわけのわからないことを
言いつけられるとかなりカチンと来ます。

俺がこれまで働いてきた飲食店や居酒屋の中でも、
かなり「これはないだろ?」と思ったものを紹介してみます。

まずいかにも酔っぱらいっぽいのが、
「おんなじのもう一つ」という注文をしたくせに、
同じものを持って行ったら「これじゃない!」と怒られたというケースです。

しかもこっちはよかれと思って持って行っているのに、
さもこっちが全く気の利かない行動をしたかのような言い方をされてしまうと
本当にビキビキきてしまいます。

ひどいときになると、それまで何杯も連続して同じ酒を飲んでいたのに、
突然「さっきまでと違うじゃないか」とかマジ切れをしてくるようなやつもいるので、

こっちはエスパーじゃないんだよ!

と本気で抗議をしてくなります。

それと、意外によくいるのが
そういうこっちには(ほとんど)非がないようなことがあっても
いちいち「店長を呼べ!」とか「本社に連絡してやる!」とか
やたらと権力を傘にきたがるようなケースです。

酒飲むと多少は強気になっちゃうもんですけど、
正直すぐに偉い人に頼ろうとするあたりがその人の本性というか、
人間の小ささを感じてしまいそうになります。

もっともこっちもちょっと面倒なことが起こりそうだな
と思ったら店長やマネージャーにすぐ連絡をしてしまったりするんですけどね。

ひどくなると「お前なんてクビにさせてやる」とか
脅しみたいなことを言い出す人もいるから、
どこまで本気に取り合ったらいいのか悩むこともあります。

若い学生のグループなんかでよくあるのは、
バイトの女の子にしつこくからむという場合です。

幸い俺自身は仕事中にナンパされたこととかはないんですが、
一時期一緒に働いていた女の子がかなりかわいかったので、
毎回のようにしつこく連絡先を聞かれたり
つきまとわれたりしていてかわいそうでした。

一度同じフロア勤務だったので、
忙しいときに代わりに注文を運んでいったら
「お前じゃない」とかひどいことを言われた覚えがあります。

そんなに女の子と話したいなら
きちんと接客がつくバーとかキャバクラに行けばいいのに、
なんでわざわざ居酒屋にくるんでしょうね。

あと気になるのが、
最近子供を連れて居酒屋にくる親が増えてきたということですね。

子供といっても赤ちゃんてレベルじゃなくて、
自分で歩いてどこかに行けるような年齢の子です。

居酒屋の方も、家族などでゆっくり利用ができるように
個室で区分けされていることが多いのですが、
そういう親は決まって子供がどこで何をしているかを
いちいち気にするようなことがないので、
親が飲みまくっている間に子供が店内を走り回って
勝手に厨房やスタッフルームに入ったり、
飲み物を運んでいるフロア担当の目の前を横切ってきたりします。

しかしそこで注意をするとまた
「店長を呼べ!」とクレーム扱いするので本当に困ります。