今までのバイト

ここまでの俺について

あまり人に誇れるようなことも持っていない俺ではあるけど、
それなりに自慢ができることとしては飲食店のバイト経験がある。

これまで学生時代からかなりたくさんのバイト職種を経験してきたけれども、
その多くが飲食店であったこともあり、
有名な飲食店の裏側はどんなふうになっているか
ということもかなり詳しいつもりだ。

ただあまり暴露っぽいことを書いてしまうと
あとが怖いので具体的なことはこのブログには書かないけれど、
飲食業界のどんなところで仕事をしてきたか
ということについては少し紹介をしてみたいと思う。

高校時代のバイト

まず高校時代に初めて勤務をした飲食業界が、
超メジャーどころの勤務先であるファストフード店だ。

家から近いところにできたばかりの某有名ファストフード店があったので、
あまり深く考えずに募集をしたらあっさりと採用が決まってしまった。

ファストフード店は制服もあるし、
髪型なんかもそんなにうるさく言われないかなと思って選んだところもあるのだけど、
仕事をするときにまずかなり注意を受けたのは清潔感ということだった。

支給される制服を着るときにはマニュアルにしたがってしっかりと着るようにして、
自己流の着こなしはするなと言われたのをよく覚えている。

仕事そのものは難しくなかったし、
超混雑するキャンペーン中とかでなければ楽なときも多かったのだけど、
何時間も勤務をしているとどうしても体全体が油臭くなってしまうので、
最初は自宅に帰ってからもずっと同じニオイがするのがちょっとしんどかった。

ファストフード店は高校生とか若い人がたくさんバイトしているので、
何がダメでどうするのがいいのかを
すごくしっかり教えてもらえてよい経験になりました。

大学に入る前の期間限定リゾートバイト

居酒屋のバイトをする前に、
ちょっとだけやったのがリゾートバイト。

大学に入る前の春休みに大体1ヶ月間、
北海道にあるとあるリゾートホテルで、
住み込みで働くという貴重な体験ができました。

その時はまだ料理がそこまで上手くなかったので、
基本的には配膳とかフロントの手伝いをしたけど、
結構楽しかった思い出がある。

楽しかったのはオーナーや従業員のみんなが優しく
色々教えてくれたり、ご飯をご馳走になったり、
1ヶ月という短い期間でも濃厚な日々を過ごせたおかげだ。

ちなみにリゾートバイトはその後も何度かやったが、
ちゃんと調べずに勤務先を決めてしまうと結構やばいことがある。
俺は北海道の例があり、リゾートバイトは楽しいもの!
と思い込んでいて2回目のリゾートバイト先は深く考えず、
直感でいいな!と思ったところで行ってみた。

が、それがダメだった。
結果的に2回目のリゾバ先はめちゃめちゃ忙しく、
しかも住み込みの部屋も大部屋という感じで
個室じゃなかったので慣れるまで時間がかかった。

へとへとなのに大部屋というのは結構きつい。
やっぱりプライベート空間は必要だということを
その時、実感したよね。

それからリゾートバイトを探すときは、
結構慎重に色々と調べるようになった。
サイトの比較はもちろん、派遣先の人に色々と
質問をしまくったりして環境がどうかというのを
聞くようにしていったらそれ以降は大丈夫でした。

なのでこれからリゾートバイトで働こうかなと思っている人がいれば
リゾートバイトの求人をしっかり下調べするように!
じゃないと痛い目を見ることになるので…。

大学時代のバイト

次に大学に入って始めたのが、
飲食店のバイトの中でも給与がよい居酒屋のバイトだった。

居酒屋バイトも全国展開しているチェーン店に勤務をしたのだけど、
料理のほとんどが本部から送られてくるレトルト品を並べるだけだったのには
ちょっとガッカリした。

ただ俺の担当はフロアだったのでビールとかチューハイとか
そういうのを素早く作ってさっさと持っていくというのが
体力的に大変なところだった。

おかげで二の腕の筋肉がついて、夜更かしが得意になった。
居酒屋のバイトの給料がいいのは、
遅い時間に勤務をするということと、
酔っぱらいを相手にしないといけないということらしい。

確かに中にはわけのわからないクレームをつけてくる客がいたり、
自分の持ち物がどれかもわからなくなるまで飲みまくる壊れた人もいたので、
対応が大変だったこともたくさんある。

それとかなり面白くやらせてもらったのが
ビアガーデンでの短期バイトだった。

ビアガーデンは最近では客寄せのために
最近はかなり大きな仕掛けやイベントをしていたりするので、
オブジェがおもしろかったり珍しい種類のビールがあったりと、
なかなか他のところでは見られなかった楽しさがあった。

ただ期間中だけだったので勤務期間は長くなかったけれども、
毎日がお祭りみたいな場所で仕事ができた貴重な期間だったなと
今でもときどき思い出したりする。

京都府のご当地グルメ

京都で最もメジャーなグルメと言えば、やっぱり八つ橋

お土産でも、その場で食べ歩きをするにもピッタリの京都グルメとして知られているのが、八つ橋です。
中に含まれている餡は、定番の餡だけではなく、カスタードや抹茶、ごまやチョコレートなど、様々な違いがあると同時に、生八つ橋や焼き八つ橋などの調理方法の違いもあり、それぞれにそれぞれの魅力がありますので、飽きずに食べることが出来るでしょう。

修学旅行に行った時の定番のお土産として知られており、自分用としても、他の人に配る用としても、外れの無いお土産だと言えるでしょう。

アンチエイジング美容食品、湯葉も大人気!

美容や健康に非常に効果が高く、地元の方も家庭料理として召し上がることが多い京都グルメとして知られているのが、湯葉です。
豆腐を茹でた際に発生する、組み上げ湯葉が一般的ですが、この組み上げ湯葉には特に、アンチエイジングに効果的な大豆サポニンが豊富に含まれていますので、大量摂取することで、自分磨きをすることが出来るでしょう。
また、湯葉はヘルシーですので、ダイエットにも最適な食材です!

見た目に反して味は絶品!な妖怪ラーメン

京都の北野天満宮に付近にある、一条通り。
その一条通りに面しているお食事処いのうえで食べることが出来るのが、京都グルメとしても人気の妖怪ラーメンです。

くちなしの実で紫色に着色された麺に、真っ黒なスープという見た目で、まるで妖怪のようにおどろおどろしい見た目をしているものの、味はさっぱりと美味しいラーメンとして知られており、この妖怪ラーメンを食べるために京都に訪れるという方も少なくありません。

妖怪ラーメンの由来はその見た目はもちろんですが、一条通りがもともと、妖怪通りと呼ばれている点に由来しています。
古き良き伝統を残す京都だからこそ、妖怪が出ても可笑しくない、魅力的な通りとして知られていますので、妖怪ラーメンを食べに来た際には、一条通り沿いの雰囲気を楽しむこともおすすめします。

よーじやのカプチーノもおすすめグルメの一つ!

京都グルメは、何も食べ物やお菓子だけではありません!
男女問わずに人気が高いのが、京都よーじやのアートカプチーノです。

京都のよーじやと言えば、脂取り紙を始めとした、女性におすすめの可愛らしいお土産グッズが販売されて、有名なことでも知られていますが、よーじやは脂取り紙だけではなく、よーじやカフェで楽しむことが出来る、可愛らしい特製アートカプチーノが人気グルメとして知られています。
グッズを購入するだけではなく、よーじやで有名な、可愛らしい女性キャラクターの書かれたアートカプチーノを、是非とも楽しんで見てはいかがでしょうか?

東京都のご当地グルメ

東京都のグルメで大人気!お土産にもピッタリの、東京バナナ

東京には独自のグルメがあまりないというイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、決してそんなことはありません!
東京発祥の、東京でおすすめのグルメは、実は数多く存在します。

特に観光客に人気なのが、お土産にピッタリの、東京バナナです。
様々な焼き菓子お土産がある中、東京バナナのマイルドで優しい味わい、様々な味のバリエーションは非常に人気が高く、好みの東京バナナを見つけたら、お取り寄せをするという方も少なくありません。

また、同じく焼き菓子としてなじみ深い東京グルメお菓子と言えば、人形焼。
中の餡のレパートリーも多く、その可愛らしい見た目から、海外観光客にも人気が高いグルメとして知られています。

東京の郷土料理として知られる、もんじゃ焼き

東京都の数少ない郷土料理として知られているのが、もんじゃ焼きです。
もんじゃ焼き自体は様々な地域で召し上がられていますが、発祥の地は実は東京都!
様々な具材を入れることが出来ますが、中でも人気なのはベビースターや海鮮など、もんじゃ焼きとの相性がピッタリな具材が人気で、専用へらでもんじゃ焼きと一緒に食べるのにハマってしまったという方も多いでしょう。
専門店で食べることが出来るのはもちろん、今でも駄菓子屋さんで食べることが出来る場合もあると言われていますので、お近くに駄菓子屋さんがある方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

どんどん食べちゃう雷おこしも大人気!

東京都の浅草名物として知られているのが、雷おこしです。
ガリガリとした独自の食感を楽しむことが出来るお菓子で、手軽に自宅でも作ることが出来るため、お家で自家製おこしを作られている方も多いようです。
また味も、メジャーな醤油味から、キャラメル味などの甘い商品まで、こちらもレパートリー豊富に用意がされていますので、お土産にも、食べ歩きにもピッタリだと言えるでしょう。

江戸前寿司も東京ならではのグルメ

意外に思うかもしれませんが、海鮮類が強いのは、何も海沿いの地方だけではありません。
東京都には、東京湾がありますが、この東京湾で釣られた新鮮な魚類のみを利用して作られる、江戸前寿司が、東京グルメとして人気が高いことで知られています。

熟練された職人によって仕込まれたお寿司は、正に絶品です。
海外のお客様をはじめ、すし職人としてお仕事をされている方の舌をもうならせる、上流のお寿司を堪能することが出来るでしょう。
また、生のお寿司だけではなく、漬けや酢締めなど、様々な調理方法でお魚を調理することが出来ますので、飽きることなく食べることが出来ると評判になっています。