婚約

結婚ってどのくらい費用がかかるのだろう・・・

結婚する友人が周りに増えてきた

最近は結婚式に招待される事が多くなりました。こないだまで友達同士で集まった時には、結婚はまだまだだね。と話していたところだったのに、将来の計画をちゃんと考えていたのを知って尊敬します。

他にもSNSで学生の頃の友人が、結婚式を挙げている様子がアップされていました。俺もそろそろ結婚について考えてなければと焦りを感じますね。結婚費用ってどれくらいかかるのか知らなかったので調べてみる事にしました。

最低でも300万円?結婚資金について

まずは結婚指輪や婚約指輪の購入費用が平均17万円。それから顔合わせの食事会や結納費用に23万円。結婚式・披露宴が約300万円合計すると最低でも300万円が必要なります。

この計算には、結納金の有無や結婚式の規模については入れていないので、さらに金額が上がりそうです。
ちなみに、新婚旅行にかかる費用の相場は50万円とありました。結婚式に人気の時期は旅行の多いシーズンに重なり、費用も高めなっているらしい。結婚を決めた相手の希望はなるべく叶えてあげたいのが男ってもんですよね。今の内から結婚資金の準備について考えてなければと思いました。

結婚資金の節約方法も調べてみた

結婚相手との相談が大切と記事に載っていました。全てに好きなだけお金をかけるのは、やはり難しいからです。例えばプロポーズから新婚旅行まで、様々なプロセスがある中で「指輪」にお金をかけたから「結婚式」の費用を節約しよう!という相談があると、うまく資金を使う事ができます。最近人気が高まっているジュエリーのブランドのなか、鍛造の結婚指輪専門店「TANZO」というところは、価格は手頃だけど丈夫で変形しにくいため非常にコスパが良いと評判がいいです。このようなブランドも検討してみるのも良いでしょう。他にも新婚旅行へ行く場所を近場にしたりオフシーズンに予定を組んだりすると、予算内で新婚旅行に行く事ができるとありました。

結婚式費用が予算オーバーになる原因

結婚式の費用では、予想外に出費がかかるケースが多くあるようです。例えば、招待客にあわせたドリンクのプラン。スタンダードなメニュー以外に、カクテルや日本酒などが入っている場合、参加人数によっては膨大な追加料金がかかります。また、引き出物を入れる紙袋代。こちらも引き出物に付いているものだと思いがちですが、個数分の追加料金がかかっているケースがあるようです。結婚式の担当者と事前にコストがかかりそうなところを聞いてみるのも、大切ですね。結婚式って考える事が多くとても大変なイベントだと思いました。

ついつい、将来の事を考えて調べている内に細かなところまで調べる事ができました。周りの結婚した友人からもアドバイスをもらって将来に備えたいと思います。