日常のこと」カテゴリーアーカイブ

部屋の片付け

掃除はまとめてやる派!

男子だということを言い訳にする気はないが、掃除は苦手である。
毎日1箇所ずつ掃除するなんていうこまめなことができるはずはないので、月に1、2回まる1日かけてドカッと掃除するのが常。
よって、掃除する前日は夢の島かと思うほど恐ろしい光景だ。

ここで、自分の「男の掃除」についてちょっとご紹介しよう。

まずは「捨てる」

もともとすごく物が多いというわけではないので、夢の島状態になっているもののほとんどがゴミである。
ゴミの分別にはうるさい地域に住んでいるので、燃えるゴミと燃えないごみの指定袋、プラゴミを入れる半透明袋を用意。

ホコリもバッチリたまっているのでマスクをつけて、戦闘開始だ。
片っ端からゴミを分別し、ゴミ袋に入れる。
キッチンには調理した肉などの白いトレーが山積みになっている(一応ちゃんと洗ってある)ので、これらはプラゴミに。
そのほか、プラのマークがついているゴミも、ちゃんとプラゴミをとして分ける。

燃えるゴミはプラスチック製品と紙や生ごみ、うちの地域はほとんどが燃えるゴミとして分別される。
そのため、燃えないごみは月に1回しか収集日がない。
燃えるゴミの袋はどんどんなくなるので、できるだけプラゴミをきちんと分別し、燃えるゴミの消費を減らすようにしている。

ゴミがあらかた片付いたら、出したものをしまう作業。
これが本当に苦手だ。
どこからか出したはずなのに、出した場所を忘れてしまっているし、しまう前に「そもそもこれってまだいるのか?」と考えてしまい、保留エリアにおいていくと、結局全部保留エリアに行ってしまうのだ。

CDなどは片付けやすいが、ちょっとした文具やいるかいらないかわからないものは用意しておいた紙袋にしまうか、引き出しにごそっと入れてしまう。
今度出すときにまた散らかるのがこのパターンである。

水回りは念入りに

ものがどうにか片付いたら、棚の上などを濡れ布巾で拭き掃除する。
これは面倒だとやらないので、半年に1回くらいになってしまうこともある。
そのあと床の掃除機をかけて、余裕があれば雑巾がけをする。

自分は比較的自炊するほうなので、部屋は汚いが台所の衛生面にはそれなりに気を使っている。
包丁は使い終わったらすぐに洗い、ちゃんとキッチンペーパーで拭いてから所定の場所にしまっているし、夏場はアルコール消毒も欠かさない。

しかし、水道のカランのところなどはしっかり掃除しないと黒い汚れがついてしまうので、ここはまとめて掃除するときにきれいにする。
スポンジや激落ちくんできれいにして、届かなかった細かいところは爪楊枝を使う。

ざっとではあるが、ここまで来たら部屋はかなりきれいになっている。
これを2週間、もしくは1ヶ月かけてまた汚していくのだ。

ワンちゃん飼いたいなぁ

犬派?猫派?

最近犬が飼いたくてたまらない病にかかっている。
実家にいるころは常に犬を飼っていて、多い時は室内に1匹、外飼いの犬が1匹に、迷い込んできた犬が1匹いたこともあったので、犬は本当になじみが深い。

しかし、自分の周りには意外と猫派が多い。
気になったのでインターネットで調べてみたら、アンケートの結果犬派と猫派は6:4で犬派が多いという結果が出たらしいのだが、自分の周りにヒアリングしてみると、猫派のほうが多いように思う。

当然ながら自分は断然犬派だ。
猫が嫌いというわけではないが、おせじでも好きではない。
飼ったことがないのでなじみがないからということもあるが、知り合いの家で猫を飼っていたとして、呼んでも来ないしお手もしないし、かわいいと思えないというのが正直なところである。

世知辛い世の中

ただ、犬を飼うにはお金がかかる。
そもそも今住んでいる集合住宅はペット不可なので、犬を飼うことはできない。
ペット可の物件をちょっと探してみたが、今住んでいる場所の最寄り駅と同じ駅で借りるとなると、家賃が1万円くらい高くなる上に、敷金を1ヶ月上乗せしないといけない。
そんなお金はない。

それに、猫と違って犬はなんだかんだとお金がかかる気がする。
注射などにおいては犬も猫もさほど変わらないようだが、自分の経験から、犬はちょこちょこ病院に診てもらったほうがよいような体調不良を起こすことがあるし、室内犬を飼うとなるとトリミング代などにそれなりのお金がかかる。

トリミングなんてしなければいいじゃん、と言われてしまえばそれまでだが、やっぱりせっかく飼っているのだからかわいくしてあげたいと思うのが親心。
確か実家で飼っていた犬は月に1回トリミングをしていて、費用が5,000円ちょっとだった。
そんなお金はないなあ。

でも、今回はかなり本気で犬がほしいので、もしかしたら引越してしまうかもしれないほどの勢いだ。
今から集合住宅で飼いやすい犬の種類についてリサーチ中である。

まず検討しているのがトイプードル。
トイプードルはかなり頭がよく飼いやすい上に、毛が抜け落ちにくく掃除などが楽だという点でかなり気になっている。

ビジュアル的には短毛種のジャックラッセルテリアがとても好きなのだが、かなりきかん坊である上に運動量も多いようなので、フリーターで家を空ける時間が長い自分にはちょっと面倒を見きれない気がする。
スムースのチワワもかわいいが、骨折などをしやすいようなので、かなりアバウトに生きている自分にきちんと飼えるか不安がある。

犬種と物件などを引き続きリサーチして、熱がそのうち冷めてしまうか、どんどん熱くなっていくか自分で様子を見ながら今度について検討したいと思う。

ラッキーデイ

俺のラッキーな体験

この前のことですが、なんだかよくわからないけれども良いことが重なるという不思議な日を体験しました。
俺個人としては占いとかを信じる方ではないし、めったにそういう記事や番組を見たりもしないのですが、特別な理由もないのになぜか何をやってもうまくいく日というのは時々突然訪れたりするのであなどれません。
といっても大金が舞い込むとかそういった大ラッキーではなくほんの些細な出来事の積み重ねでしかないので、はたから見れば「それだけ?」と思われてしまうかもしれません。
だけどもそんな小さなラッキーもいくつか同じ日の中に重なるとなると単なる偶然ではないなにか運命的な何かを感じてしまったりするものです。

俺が体験したラッキーについてちょっと書くと、まずいつもバイトに出かけるために昼前に家を出て途中の自販機で缶コーヒーを1本買うのが習慣になっています。
普段はめったにそんなことはないのですが、その時には一発でアタリが出て朝から缶コーヒーが2本もらえることになりました。
それから駅に向かったらホームに入った瞬間すぐに電車が来て待ち時間がなかったり、席を譲ったらとても丁寧に感謝の言葉をかけられたりと、嬉しい気持ちになるようなことがいくつか連続して起こりました。
バイトに行ってからも、いつもはむすっと不機嫌そうな常連さんが珍しく笑顔で楽しそうに話しかけてきてくれたり、俺の接客について褒め言葉をくれた人がいたりといったことがありました。
帰り際には夕飯のかわりになる食材をわけてもらえたりということもあって、その日が終わるのがなんだか惜しいと思えるほどでした。

ちりも積もれば

なんやかやで俺ももう20年以上は生きているわけで、そうしたら一日くらいはよいことが重なる日が起きても別に不思議なことでもなんでもありません。
とはいえめったにないことである分、そういうことがあるとささやかながら幸せな気分になることができます。
よく日頃の行いがよいというようなことを言いますが、それは本当に関係あるんだろうなということを実感したりすることもあります。
どこでだったか、あるスポーツ選手が「道を譲ったりして小さな親切を積み重ねるのは良いこと貯金をしているようなもので、その貯めた幸運が競技本番に出せるようにしたい」というふうに言っていた記事を読みました。
確かに誰かに小さな親切を重ねていくと、いつの間にか自分も親切にされることが増えていくような気はするので、またいつかラッキーな日が来てくれるようにちょっとずつでもいいことを重ねていきたいと思います。