投稿者「SLeve7uK」のアーカイブ

スマホ決済

スマホ決済を利用してみた

2020年のオリンピック開催に向けて政府主導でキャッシュレス化を推進している関係で、スマホ決済に注目が集まっています。
CMでよく還元キャンペーンをやっているスマホ決済について調べてみました。

スマホ決済とは

決済アプリによって支払いを行うサービスです。PaypayやLinePayなど色々な会社がサービスをしています。
財布やカードを持たなくてもスマホだけで支払いができるのは便利。
アプリやQRコードを読み取るだけで決済完了です。

メリット

まず、お金を持ち歩く必要がありません。お金の受け渡しがなくスマホだけで決済できるので簡単です。
そして、クレジットカードと同様、ポイント還元があります。
Paypayだと最大3.0%の付与がつき、キャンペーン期間中だと20%になることもあるので、現金で支払うよりかなりお得です。
クレジットカードを登録するとクレジットカード分のポイント還元もあるので二重でポイントを受け取れます。
個人送金の機能があり、遠くにいる友達にお祝い金を送ることや飲み会の割り勘で役立ちます。

デメリット

政府が主導で普及を目指しているため、使えるお店が増えているとはいえ、すべてのお店で使えません。
また、サービスによっては利用できたり、できなかったりするので事前にチェックしておきましょう。
現金しか受け付けないお店もあるので、財布を持ち歩く必要があります。
当然ですが、スマホが充電されていないと使えません。電池の残量はしっかりとチェックを。

スマホ決済ができるアプリ

PayPay

2018年12月に「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題になったPaypay。このキャンペーンから利用した人も多いと思います。
ソフトバンクグループが出資していて今後もキャンペーンをしていくそうです。

LINEPay

スマホを持っている人ならほとんどの人が使っているのではないでしょうか。LINEの決済アプリです。
割り勘や送金が簡単でイベントで重宝します。

楽天Pay

ショッピングサイトの楽天グループが運用する決済アプリ。
楽天ポイントポイントを貯めやすく、対応店舗の多さが魅力です。

メルペイ

フリマアプリ「メルカリ」の決済アプリです。メルカリの売上金を実店舗でも使えるのは便利。銀行口座から手数料なしでチャージもできます。
コード払いとiDに対応しています。

d払い

携帯会社のNTTドコモが提供する決済アプリ。dアカウントを持っていればドコモユーザーでなくても利用可能。
決済方法は携帯料金支払いと同時に請求されます。

アメリカ国旗

英語勉強してみようかなぁ

前々から、英語に興味があって何度か勉強したことがあるけどその度に挫折…

最近、ふとしたことがきっかけでまた英語を勉強してみたいと思いました。

英語を勉強したいと思ったきっかけ

興味はあるけど、勉強を始めてはだんだんとやらなくなっていって挫折ということが何度かあって、習得を半ば諦めていました。普通に暮らしていく分には、特に必要もないだろうと考えていましたが、アルバイト先に外国人のお客さんが来るということがありました。
日本語が話せないらしく、身振り手振りで伝えようとするもうまく伝わらず、スマホの翻訳アプリは何やら意味不明な翻訳でこれまた何を伝えたいか分からず。

スタッフの一人が多少英語を話せるようなので、対応してもらいなんとか事なきを得ました。自分が英語を身に付けていたら…と思うと悔しい気持ちになりました。
この外国人のお客さんの一件もあって再度英語の勉強を始めることにしました。

これまでの英語学習の挫折

興味はあるものの、得意というわけではない英語。

中学で習った基礎中の基礎もちょっと怪しい感じで、勉強を始めるとなると基礎中の基礎からやらざるを得ません。大学の頃にふと始めてみようと考えるも、「今更、中学生の勉強!?」と億劫に感じてやらずじまいでした。
大学を卒業してしばらくしてから、ネットか何かで英語の習得に関する記事を見て再び興味が沸きました。一からでもやろうと思って英語の勉強を始めるも、文法に嫌気がさしてやめました。

他にも何度かありますが、何度挫折しても「英語ってやっぱり必要」と感じさせられることがあり、今度こそは!と考えています。

英語を勉強してどう活かしていくか

英語を習得したら、それを活用できる場面は多々あります。

まずは、仕事に活かしたいです。

今回のように、外国人のお客さんが来た時はしっかり英語で対応して周囲に、英語は俺に任せろ!とアピールするのが楽しみです。

他には、外国人の友達も作ってみたいです。

英語が話せないと外国人との意思疎通はかなり限られるため、友達になるというのは厳しいかもしれません。ですが、英語が話せるならそういったことも気にせず、積極的に交流を深めたいと思います。

英語を完全にマスターしたら、映画を字幕なしで楽しむ、洋楽の意味を理解しながら聴く等、楽しみが増えそうです。先々の「これができたらいいな」を実現するために、毎日少しずつ勉強していく予定です。

今、英語を勉強しようか悩んでいる人がいるなら、まずはやってみた方が良いかと。英語が上達した分だけ世界が広がりますよ。

面接

バイトを続ける理由

大学を卒業して新卒で就職せず、今はフリーター。

満足いく給料も得られず、毎月ギリギリの生活です。よく「まだ若いのに」とか、「もっとちゃんとした仕事に就いた方がいい」と言われることもありますが、
フリーターにはフリーターの良さがあります。

正社員ではなくバイトにこだわる理由

なぜ、頑なにフリーターとしてアルバイトで暮らしているかというと、まともに就職した同じ大学の友人が苦労している姿を見たからです。大学生だった当時は、希望する企業の内定がもらえて意気揚々としていました。
ですが、実際に働き始めて楽しそうにしているのを見たことがありません。

たまに、一緒に食事をしながら話を聞くのですが、

  • 激務
  • 定時に帰ったことがない
  • 仕事に関する勉強に時間を取られて趣味を楽しむ時間がない
  • 休日出勤をすることもあり、有給も取らせてもらえない

など。

すっかり疲れ切っている友人の姿を見ると、正社員として働くことが絶対じゃないんじゃないだろうかと思いました。

バイトの良いところ

そんな疲れ切っていながらも正社員として働き続ける友人をよそに自分はアルバイトをしていますが、自分の考えるアルバイトの良い点を挙げたいと思います。

スキルアップを求められない
正社員と違って、スキルアップとか努力することを求められません。
正社員というポジションだとどうしても、会社の発展のために能力を高めていくことがもとめられますが、アルバイトとしてのポジションだと人手不足を補うためというのが前提にあり、それほどスキルアップを強く求められません。
就業時間にメリハリがある
会社にもよるかもしれませんが、アルバイトは定時にすぐ上がれます。
正社員の場合は、会議や業務の後処理などで定時以降に残るということも少なくありません。
責任の重い仕事を任されずに済む
正社員の場合、将来会社を担う人材に成長していくことを期待して時には、責任の重い仕事を任せることもあります。
やりきれば、大きな自己成長につながるのかもしれませんが、その過程においてはストレスを感じることも多く気苦労は絶えないでしょう。

アルバイトの方が、正社員より良い点を挙げましたが逆もあります。

アルバイトの悪いところ

待遇に差がある
住宅手当や家族手当など、時給と交通費だけのアルバイトに比べると手厚い待遇が正社員にはあります。
会社への貢献度合いからするとしょうがないことかもしれません。
仕事のやりがい
責任の重い仕事を任されずに済みますが、ずっと補助的な仕事…
いずれ仕事の面白みを感じなくなるかもしれません。
所得が不安定
正社員として月給制での給与なら、会社が休みの日も丸々月で計算した給与がもらえます。アルバイトの場合、多くは時給制での給与です。
時給制の場合、働いた時間の分給与がもらえるという仕組みなので、ゴールデンウィークや年末年始など会社が休みの日が続くと、収入がゼロということもありえます。場合によっては、会社が休みの間仕方なく、他でアルバイトをするということも。

メリット・デメリットそれぞれあるアルバイトで暮らすフリーター生活ですが、将来のことを考えるとずっとこのままではいけないと考えています。

今の職場で正社員登用を目指すか、もしくは転職するかは分かりませんが、安定した生活を手に入れたいです。