投稿者「SLeve7uK」のアーカイブ

エレベーターホール

いつかは高級マンションに住みたい

俺は現在フリーターですがいつかお金が稼げるようになったら、高級マンションに住んでみたいという憧れを抱きました。理由は今どきの高級マンションについて知る機会があったからです。

最近では立地の良い環境と共に広々とした作り、様々なサービスや設備を整えている高級マンションが多いようだ。

高級マンションでは常識になっているところ

管理体制

24時間365日体制で、管理人や警備員がいるのが常識らしい。ストーカーや子どもの誘拐事件など物騒な事件が多い中、いつか父になって家族の安全を考えたると安心な生活がおくれるって魅力的です。

クリーニングサービス

コンシェルジュと呼ばれる管理人さんがマンションに在中しているのが常識の今は、エントランスでクリーニングサービスを受けられるのも普通だそうです。仕事に出る時に洋服をクリーニングにだして部屋に上がる時に受けとれる。いつもシャキッと仕上がったシャツを着て過ごすってカッコいい。憧れます。

注意点もある

ベランダでのタバコは禁止が暗黙のルール。周りの部屋の洗濯物についてしまったり吸殻が隣の部屋に入ってしまったりするかです。ベランダでのトラブルが多い事から、管理規約として定めているケースが多くあります。喫煙者の方が入る場合は事前に確認しておくといいでしょう。

また、ベランダに布団や洗濯物が干せません。理由としてはステータスを魅力として売り出している高級マンションは、生活感が漂う布団や洗濯物が外観のイメージを損ねてしまうからです。

他にも、世帯数の多い高級マンション。高層階に住む場合にはエレベーターの待ち時間が長くなる傾向があります。朝の通勤時間になると一時的に利用者が増えるかです。エレベーターの待ち時間も考慮して家を出る必要がありますね。

高級マンションを賃貸で借りる人について

もし俺だったら賃貸ではなく購入を考えたくなるところですが、毎月の家賃が数百万の高級マンションを借りる人もいます。その理由にはひとつの所に、ずっと住んでいられない理由があるからです。

例えば芸能人。プライベートについて調べられる事が多いので、定期的に引っ越す人が多いようです。住人同士がすれ違わない作りになっている高級マンションもあるので、プライバシー管理を重視する芸能人は高級マンションを賃貸で借りる傾向があります。

高給取りになったら高級マンションに住みたい。と漠然と考えているだけではなく、金額についても把握しておかなければならない。購入する場合は平均が6千万前後。賃貸ならピンキリで十万円代から数百万と幅も広いだろう。その他には立地で金額に差が出るので、住みたい街についても考えようと思う。

婚約

結婚ってどのくらい費用がかかるのだろう・・・

結婚する友人が周りに増えてきた

最近は結婚式に招待される事が多くなりました。こないだまで友達同士で集まった時には、結婚はまだまだだね。と話していたところだったのに、将来の計画をちゃんと考えていたのを知って尊敬します。

他にもSNSで学生の頃の友人が、結婚式を挙げている様子がアップされていました。俺もそろそろ結婚について考えてなければと焦りを感じますね。結婚費用ってどれくらいかかるのか知らなかったので調べてみる事にしました。

最低でも300万円?結婚資金について

まずは結婚指輪や婚約指輪の購入費用が平均17万円。それから顔合わせの食事会や結納費用に23万円。結婚式・披露宴が約300万円合計すると最低でも300万円が必要なります。

この計算には、結納金の有無や結婚式の規模については入れていないので、さらに金額が上がりそうだ。
ちなみに、新婚旅行にかかる費用の相場は50万円とありました。結婚式に人気の時期は旅行の多いシーズンに重なり、費用も高めなっているらしい。結婚を決めた相手の希望はなるべく叶えてあげたいのが男ってもんですよね。今の内から結婚資金の準備について考えてなければと思いました。

結婚資金の節約方法も調べてみた

結婚相手との相談が大切と記事に載っていました。全てに好きなだけお金をかけるのは、やはり難しいからです。例えばプロポーズから新婚旅行まで、様々なプロセスがある中で「指輪」にお金をかけたから「結婚式」の費用を節約しよう!という相談があると、うまく資金を使う事ができます。他にも新婚旅行へ行く場所を近場にしたりオフシーズンに予定を組んだりすると、予算内で新婚旅行に行く事ができるとありました。

結婚式費用が予算オーバーになる原因

結婚式の費用では、予想外に出費がかかるケースが多くあるようです。例えば、招待客にあわせたドリンクのプラン。スタンダードなメニュー以外に、カクテルや日本酒などが入っている場合、参加人数によっては膨大な追加料金がかかります。また、引き出物を入れる紙袋代。こちらも引き出物に付いているものだと思いがちですが、個数分の追加料金がかかっているケースがあるようです。結婚式の担当者と事前にコストがかかりそうなところを聞いてみるのも、大切ですね。結婚式って考える事が多くとても大変なイベントだと思いました。

ついつい、将来の事を考えて調べている内に細かなところまで調べる事ができました。周りの結婚した友人からもアドバイスをもらって将来に備えたいと思います。

ひき肉

自宅ご飯も増やすようにしました

飲食店でアルバイトをしているので、美味しい料理と毎日関わっている。
料理に興味がある俺は勉強のために外食を心がけていることもあった。
ファミレスやファストフード店で食べるより、作る人の味がでる定食屋に行くのが習慣です
。1回の食事に平均700円で1日に昼と夜2回通うので1,400円。

しかしながら1週間の外食による出費は8,400円にものぼりなかなか辛い・・・。
勉強のためにと思っていましたが、料理の腕をあげると同時に節約をするためにも自炊を始める事にしました。

買い出しの心得を決める

趣味は料理でも、毎日自炊を続ける目的で買い物をした事がないので1回の買い物がとても高くなる時があります。まずは、食材を調達する時の考え方をネットで調べてみた。以下の点に気をつけて買い物をするといいらしい。

  • 特売日や〇〇デーを利用して、目的の物だけを買う
  • まとめ買いをして、小分けに保存する。
  • 「なんか安くないかな」という漠然とした気持ちで店に行かない。

以上の3点をふまえた上で1週間の計画を立てました。

自炊計画スタート

ひき肉をアレンジした料理を1週間かけて作る計画を立てました。今はネットでチラシを閲覧できるので、近くのまとめ買いができる業務用スーパーを調査。まとめ買いでひき肉を1kg購入し、必要な時に使えるように150gずつ小分けに保存しました。特売日にたまごも安くなっていたので2パック購入。

たまごは、たまご焼きやゆでたまご、茶わん蒸しなど、様々な調理法があるので毎日使える食材だと思います。他にも業務用スーパーで買っておくと良い食材はソーセージです。常温だと賞味期限が早いソーセージは冷凍してあるも買うのが◎こちらも小分けにして、使う前日に加藤しておくようにします。痛みやすい野菜はまとめ買いをせず、都度買う事にしました。食材の調達はこの調子で続けます。

あとは仕事が忙しく調理をする時間が無いという時には、時短調理ができるミールキットを使ってもいいなと考えています。
献立のバリエーションを増やしたい時にも便利そうなので、購入を検討中です。

作り置きにもチャレンジ

自炊を始めたのをきっかけに作り置きれレシピに興味をもちました。まとめ買いしたひき肉は下ごしらえの必要がなくすぐに使えるので、作り置きがしやすい食材です。また、色んな形に成形できるので焼いたり茹でたり、他の食材と合わせたりと料理のバリエーションが豊富な点もひき肉の便利なところです。

中でもおすすめの作り置き料理をみつけました。「ひき肉そぼろ」です。調理法はいたって簡単。フライパンでひき肉を炒め、ショウガとニンニクを効かせます。味付け砂糖と醤油で甘辛に!とっても美味しいですよ。

4~5日は冷蔵庫で保存が可能なので、おにぎりに入れたりチャーハンに入れたりと重宝する料理です。

節約のために自炊計画を改善して節約上手になりたいと思っています。新しい技を身につけたらまた日記で紹介します。