正しい包丁の研ぎ方

包丁は日ごろのメンテナンスが欠かせない調理器具

料理に欠かすことが出来ない料理器具の一つとして知られているのが、包丁です。
食材を切る際や、皮をむく際など、食材の下ごしらえをする際に欠かせない存在ですが、そんな包丁は、刃物ですので、日頃から定期的にメンテナンスをしておかないと、刃こぼれを起こしてしまったり、刃がかけてしまったりして、包丁そのものを使うことが出来なくなってしまいます。
面倒くさいと感じるかもしれませんが、包丁を研ぐだけで、包丁の寿命を圧倒的に延ばすことが可能になりますので、自宅で行うことが出来る簡単な研ぎ方を覚えて、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

まずは砥石を用意しましょう

包丁を研ぐ際にまず用意しないといけないのが、包丁を研ぐために利用する、砥石です。
基本的にはどんな種類の包丁でも、普通の砥石であれば砥ぐことが出来ますが、ステンレス製の包丁の場合は、砥石の研磨力が弱すぎると、上手く砥ぐことが出来ない場合がありますので、ある程度の研磨力、硬さを兼ね備えている、セラミック製の砥石を購入しましょう。

砥石自体は近年では百円均一など売られていることも多く、安く手に入れることも可能です。
性能自体も申し分ない商品が多いですので、色々と試してみて、一番しっくりと来る砥石をリピートすると良いでしょう。

砥石を使わずに、お茶碗や普通の石で代用しているという方もいるようですが、砥石と違って研磨力が低く、綺麗に砥ぐことが出来ないどころか、お茶碗の方がかけてしまうケースも少なくありませんので、やめておきましょう。

また、包丁が既に、刃こぼれなどのダメージが大きく出ている場合は、荒い目の砥石を重点的に、通常遣いであれば、中くらいの目の中砥と、最も細かい目の仕上げ砥の二つを利用して、メンテナンスを行いましょう。

包丁を研ぐ際のポイント

砥石と包丁を用意したら、実際に包丁を研いでいきますが、利用する際には、このようなポイントを守るようにしましょう。

まずは、砥石はたっぷりと水を含ませて、下に滑り止めとなるタオルや木の板を敷いて利用しましょう。
乾いたまま砥石を利用すると、包丁がかけてしまいますので注意が必要です。

次に、表面と裏面、出来るだけ同じくらいに砥ぎましょう。
包丁を研ぐ際には、片面片面、一つずつ包丁研ぎを行っていきますが、片方だけあまりにも研がなかったりすると、切れ味があまり回復せず、理想の包丁を手に入れることが出来ません。
回数に偏りが出ないように、日頃のメンテナンスの際には、出来るだけ同じくらいの回数で包丁を研いでおき、包丁の様子を見ながら、バランスよく砥いでいくように心がけましょう。

料理の盛り付け~和食編~

和食は盛り付けにもこだわって、美しい見た目を作る

お寿司やお刺身、煮物にてんぷらなど、日本ならではの繊細さを併せ持つ料理として知られているのが、和食です。
日本古来より親しまれてきた和食は、海外でも非常に人気が高く、和食を食べるためだけに日本に旅行に来るという観光旅行者も多くいることで知られています。

そんな伝統ともいえる和食ですが、ご家庭で作る際に、作ったは良いものの、見た目にこだわらず適当にお皿に盛りつけているという方もいるのではないでしょうか?
せっかくの和食の美しさを最大限に引き立たせるためには、盛り付け方や器にもこだわりを持つことが大切です。

例えば、和食はこのようにして盛り付けると、より美味しく、より素敵に感じることが出来るでしょう。

お刺身でおすすめの、放射盛りや流し盛り

盛り付けが苦手という方でも簡単に行うことが出来る盛り付け方が、放射盛りや流し盛りです。

放射盛りは、丸い器に盛る際におすすめの盛り付け方で、同じ種類の食材を隣同士に並べて、放射線状に料理を並べていくだけの盛り付け方です。
お刺身やお寿司の際によく利用される盛り付け方の一種として知られているのですが、簡単に華やかさや豪華さを演出することが出来ると同時に、簡単に作ることが出来、祝いの席にもピッタリの盛り付け方として知られていて、オリジナリティも出すことが出来ると言えるでしょう。

次に流し盛りですが、四角いお皿に盛り付ける際に最適の方法で、こちらは放射盛りに比べると更に簡単な並べ方です。
お刺身やお寿司など、同じ種類、同じくらいのサイズの料理を、少し斜めに、一つずつずらして並べて盛り付ける方法で、簡単に、美しく盛り付けることが出来る方法として知られています。
特にお刺身に重宝されている盛り付け方で、綺麗な断面を見せることが出来る上に、量が少なくてもボリューム感があるように見せることが出来る盛り付け方として、料亭などでも人気が高いようです。

煮物やてんぷらにピッタリの、寄せ盛りや重ね盛り

和食には定番ともいえる小鉢料理や、てんぷらなどのメイン料理にもピッタリで、誰でも簡単に出来る盛り付け方として知られているのが、寄せ盛りや重ね盛りなどの、まるで山の形になるように盛り付ける方法です。
見た目がこんもりとなるように、富士山のような山の形になることを意識して盛り付ける方法で、中心部分を出来るだけ高く盛り付けるだけで、見た目がまとまります。

こちらの盛り付け方は、煮物やてんぷらだけではなく、おひたしやお漬物などにも応用できる万能な盛り付け方で、器の深さや、器そのもののサイズに関係なく利用することが出来る盛り付け方と言えるでしょう。

伊勢丹シェフが教える!黄金比のすき焼きレシピ

すき焼きはポイントを守れば誰でも美味しく作れる!

家庭でも食べることが多い、すき焼き。
冬の寒い時期は特に、お鍋の一種として、毎日のように食べている方も少なくないかと思います。

そんなすき焼きですが、少しのポイントを守ることで、誰でも美味しく、まるでプロ並みの料理を作ることが出来るそうです。
そのポイントを、伊勢丹シェフの言葉を参考にご紹介します。

基本中の基本、割り下の黄金比率は?

全ての鍋の基本部分となると言えるのが、出汁、スープの部分です。
すき焼きのスープ部分は割り下と呼ばれていますが、そんな割り下、市販のもので済ませてしまうのでは、何となく味気ないですよね。

すき焼きの割り下は、砂糖、醤油、酒、みりんを混ぜることで作ることが出来ますが、これらの調味料の黄金比率が、伊勢丹シェフによると、一人前の比率の場合、砂糖:醤油:酒:みりんで、30グラム:100cc:100cc:100ccだそうです。

この比率を守って割り下を作成することで、簡単美味しいすき焼きを作ることが出来るのだそう!
また作成する際には、全ての調味料を合わせてからお鍋に入れるのではなく、最初はみりんとお酒を鍋に入れて強火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばしてから、中火にし、醤油と砂糖を投入することもポイントなのだそうです。

野菜は下ごしらえを事前にしておきましょう

お鍋には様々な野菜を入れて楽しむという方も多いかと思いますが、沸騰しているお鍋にそのまますべての野菜を投入して、火が通った食材から順々に食べていくという荒業をやられている方は、少なくないかと思います。
確かに簡単に調理をすることが出来ますが、伊勢丹シェフによると、事前にちょっとの下ごしらえを行い、それぞれの野菜を、それぞれのベストタイミングで投入するだけで、見た目も美しく、効率も良く、食欲がそそられるお鍋になるそうです。

例えば、火が通りにくい玉ねぎの場合は、玉ねぎを事前に電子レンジにかけて置き、そのまま食べることが出来るような状態にしておいたり、焼くことで味に深みが出る長ネギの場合は、牛脂で炒めて焦げ目をつけることで、より美味しく、より深みのある味わいを楽しむことが出来るでしょう。

これらは特に、好みで分かれる部分ですので、色々と調理方法を試してみて、自分だけのすき焼きオリジナルレシピを作成するのも、料理を楽しむポイントと言えるでしょう。

食べるときにも好みが分かれますが、伊勢丹シェフによると、割り下が完成し、お肉を入れたら、野菜を入れてしまう前に、まずはお肉だけを食べることで、お肉本来の美味しさを堪能することが出来るそうですので、一度で二度も三度も美味しいすき焼きを楽しみたい方にはピッタリです。