石川県のご当地グルメ

石川県と言えばやっぱり金沢カレー!

石川県の人気グルメと言えば、やはり全国グルメともなっている、金沢カレーが挙げられるでしょう。
ライスを乗せたお皿に、ライスが全く見えなくなるようにルーがかけられて、上に飾りとして、たっぷりと千切りキャベツとカツを乗せたカレーで、今では県民のソウルフードとしてだけではなく、その美味しさから、全国各地で食べられることが増えた名産グルメとして知られています。
チェーンカレー店で提供されることも増えた金沢カレーですが、やはり名産地で食べたいと考えている方も多く、石川県に旅行に行かれた際に一番に召し上がる方も少なくありません。

ハイカラな石川グルメ、ハントンライスも人気!

石川県のグルメとして有名なのが、その見た目の華やかさが印象的な、ハントンライスです。
エビフライやカツなどを始めとしたフライ物を乗せ、ケチャップ、デミグラスソース、マヨネーズなどをかけて味付けされたオムライスで、その見た目の華やかさと豪華さ、そして一度で二度も三度も美味しい味わいが、お子様にも人気が高い石川グルメとして知られています。

海鮮料理も人気グルメの一つ!

石川県は、能登丼と呼ばれる海鮮グルメも、人気が高いグルメとして知られています。
能登丼とは、奥能登で作られた、光り輝くコシヒカリに、澄んだ美しいお水、能登で取られた旬の海鮮や新鮮なお肉を贅沢に乗せて作られているどんぶり料理で、お店によって具材が全く異なりますので、様々なお店を巡って、味の違いを楽しむことが出来るのも、能登丼の特徴と言えるでしょう。

お店を巡って食べ歩きをする方も多く、レパートリーが豊富なため、一日二日では周り切られないという方も少なくありません。
自分好みの能登丼を見つけたら、そのお店に入り浸ってしまうという方も多いのだとか!

また、一風変わったお寿司として知られているのが、かぶら寿司と呼ばれるお寿司です。
塩漬けをしたカブに、ブリなどの相性が良い海鮮を挟み込んで、そのまま麹でつけたお寿司として知られていますが、見た目の可愛らしさが女性からも人気が高いグルメで、家庭料理としてはもちろん、高級料理店などでも提供されることがあるお寿司として知られています。

石川県の郷土料理

石川県の郷土料理の一種として有名なのが、江戸時代から伝わる、治部煮です。
鴨肉をベースにとろみのあるスープが特徴的の煮物で、そのコクのある美味しさが、長年受け継がれた伝統的グルメとして人気です。
鴨肉はなかなか手に入らないと、鶏肉や豚肉、普通のお肉に変えて家庭料理として作っているご家庭も多いのですが、その奥深い味に変わりはなく、一般家庭でも愛され続けている味として知られています。

他にも、石川県の郷土料理には「べろべろ」があります。珍しい名前ですよね。
別名「べっこう料理」や「えびす」と呼ばれることもあるこの郷土料理、実は石川県ではおせち料理としても振舞われます。

べろべろの作り方は、だし汁に水で戻した寒天や調味料を混ぜ、それに溶き卵を入れて火を通します。
その後は冷蔵庫で冷やして、食べやすい大きさに切れば出来上がりです。
正月のおせち以外にも、祭りや祝いの席には欠かせない郷土料理です。
引用#全国の珍しいおせち料理は?|大丸松坂屋オンラインショッピング

また、お正月やお祭り以外でも、スーパーでお惣菜の一品として売られているほど有名な郷土料理。
親戚やご近所に配ったりして食べることも多いため、べろべろは人と人とをつなぐ橋渡しのような存在としてその伝統を守り続けています。

ぜひ石川県に行った際は食べてみたいですね。