変わった構成で作られた小説③

2つの読み方が特徴的

読み手によって好きな読み方が実現するとして、変わった構成で作られた小説の一つとされる「石蹴り遊び」は、アルゼンチンの作家であるフリオ・コルタサルが書いた長編小説です。
コルタサルが書いた小説の中には映画化されたものも存在しており、世界的に有名な作家へと成長を遂げるきっかけにもなりました。
本作は1963年に発表されたもので面白い読み方が楽しめるとして注目されました。

参考:『石蹴り遊び』フリオ・コルタサル

2種類の読み方とは

大きな特徴といえるのが2通りの読み方ができる構成になっている点にあります。まずは第一部と第二部を順番に読んでいくという至ってオーソドックスな読み方です。
もう一つが作者の指示に従って全ての章を行ったり来たりという方法で読んでいく方法になります。
どちらの読み方も面白く、読者からは作者の指示に従う読み方がおすすめされることが多いですが、長編作品のため紙の本を二冊も持ち歩くのは不便なので外出時は不向きです。
出先で読書をしたいという場合には従来通りの読み方をおすすめします。

ゆっくりと読書の時間を設けることができる場合には、作者の指示に沿ってあちこちを読み進める方法をおすすめします。
物語は一体どこで終るのだろうか?と不安に感じるほど先が見えないストーリー展開になるものですが、かなり面白い作品に仕上がっています。

物語は第一部から第三部という構成に分かれています。
一部では1章から36章までが含まれている「向こう側から」というパリを舞台にした内容になっています。
二部には37章から56章まで含まれており、「こちら側から」としてブエノスアイレスを舞台にした内容になります。
三部では57章から155章という長い「こちら側から」という内容が含まれます。
一部から三部までを通して読み進めた場合には破滅型といえる青春小説という世界観になります。

作者の指示どおりに読み進めていくと、最後の方に何度も反復する読み方が出てくるなど変わった構成になっていると感じられますが、物語の内容に入り込んでいると面倒だなと感じることもないほど夢中になって読み進めることができる面白さがあります。

大まかなあらすじ

あまり本の内容をネタバレするとせっかくの面白さが半減するので、大まかなあらすじだけをご紹介します。
ブエノスアイレス出身のオリベイラは将来作家になりたいと考えている人物ですが、現実は酒に溺れてジャズに酔っているというボヘミアン体質でした。
オリベイラの前に現れたウルグアイ出身のルシアは、子供がいながらにして娼婦をしているという人物で、二人はやがて恋に落ちます。
しかし突然姿を消してしまったルシアを探し求めてパリの街をさまよっているオリベイラにどんな物語が待ち受けるのかは…本編をゆっくりとお楽しみください。