耳読というサービス

新しい読書の形

基本的に読書は自分で本を読むというスタイルが一般的になりますが、新しい画期的なサービスとして登場したのが「耳で読む」という意味の耳読というサービスを提供する「オーディブル」です。
オーディブルはスマートフォンさえあればどんな場所でも好きなときに本を聴くことで耳読ができるとい、今までにありそうでなかったサービスです。
用意されているタイトルは1万以上になり、好きなジャンルの中から無制限で楽しむことができます。

参考:Audible(オーディブル)

耳読を実現するオーディオブックとは

オーディブルが提供しているオーディオブックというサービスは、目で本を読むという従来の読書ではなく、プロのナレーターが心を込めて読んでくれることで快適に耳を使って聴いて楽しめるサービスとして提供されています。
ベストセラー作品や文学作品、ライトノベルなど20種類以上ものジャンルがあり、タイトルも1万以上ご用意しています。

利用する場合には1ヶ月1500円の料金が別途必要になりますが、何タイトル以内などの制限が一切ないので好きなだけ聴いて楽しめるようになっています。
もちろん、いつでも退会することは可能ですし、最初の1ヶ月間は無料体験に申し込むことで1ヶ月間たっぷりとオーディブルの魅力を体感できるようになっています。
この無料体験で満足できなければ、その後の正会員へ申込みしないようにしていただければ、翌月以降は料金がかかりません。
1ヶ月たっぷりとオーディオブックを楽しんでいただくと、翌月以降もぜひ申込みをしたいと希望する方が多くなるようです。

利用方法

オーディオブックを利用するためにはiPhoneかAndroidのスマートフォンが必要になります。
それぞれの専用アプリをダウンロードして会員登録を済ませるといよいよプロが読んでいるオーディオブックを楽しめるようになります。
なお、パソコンからは利用できないのであらかじめスマートフォンを所有している方が条件になることをご了承ください。

おすすめ作品

様々なタイトルが用意されているので何から聴いてみようかと迷うものですが、おすすめの作品としては高橋源一郎さんが執筆した「ぼくらの民主主義なんだぜ」や「死者と生きる未来」があります。
どちらの作品も大竹まことさんが朗読をしている作品として用意されていますが、音声だけに聞き入ってしまうほど大竹さんの朗読が素晴らしいため朗読している内容に引き込まれるものです。

他にも「吾輩は猫である」「人間失格」「雪国」「斜陽」など様々な名作がオーディオブックとして用意されているので、様々な作品を自分の目で読まなくても耳で聴きながら読書を楽しめるようになっています。
今まで気になっていたという作品も、ゆっくりと時間をかけるだけで済む点が大きなメリットになります。