広島県のご当地グルメ

広島と言えばやっぱり広島焼き!

広島県には、様々な美味しい料理がありますが、その中でも一番人気と言えるのが、やはり広島焼きです。
簡単に言ってしまえば、広島県のお好み焼きなのですが、この通称広島焼きは、通常のお好み焼きとは違って、ヘルシーで、キャベツ本来の野菜の甘みを存分に味わうことが出来る点が人気のポイントです。
広島県民にとっては、通常のお好み焼きのことを指しますので、現地で注文をするときには、広島焼きではなくお好み焼きと注文をするようにしましょう。

広島のお土産として定着しているものと言えば、もみじ饅頭!

修学旅行で広島方面に向かった方が一番にお土産としてあげるグルメと言えば、もみじ饅頭です。
もみじの形をしたお饅頭で、商品によって、中の餡が異なったり、焼いてあるもの、あげてあるものなど、レパートリーが非常に豊富なことで知られています。
そんな広島名物の一種である紅葉饅頭、広島のお土産屋さんに行くと必ず数種類は用意があると言っても過言ではありませんので、行く機会がある際には、是非ともお土産屋さんに立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

広島の炊き込みご飯と言えばタコ飯

広島県内の至る所に専門店があるほどの人気グルメと言えば、タコ飯です。
ぶつ切りにされたタコを入れて炊き込みご飯にしたこちらのグルメですが、タコとご飯の組み合わせが絶妙で、ついついお代わりが止まらなくなってしまう一品として知られています。
その優しい味わいにハマるという方も多く、レシピを聞いて自宅でタコ飯に挑戦されている方も珍しくありません。

タコ飯は通常の炊き込みご飯に比べると、彩りも非常に華やかで、めでたい席にもピッタリの料理として知られています。
見た目だけではなく、味まで美味しい、広島に来たらぜひ一度は味わっておきたいグルメの一つです。

名産カキを使った、カキカレーに土手鍋も大人気!

瀬戸内海側に位置している広島ならではの名産食材と言えば、カキです。
プリプリでジューシーな身が詰まっているカキを、存分に収穫することが出来るのが広島の特徴ですが、そんなカキをたっぷりと利用したグルメが、カキカレーに土手鍋です。

カキカレーはその名の通り、カレーにカキが入っているグルメですが、カキが入ることで良い出汁が染み込み、非常に味わい深いカレーを堪能することが出来る点が人気ポイントです。

また、土手鍋ですが、こちらは濃厚なみそ味のお出汁のお鍋に、カキをどっさりと入れたお鍋で、寒い時期にはピッタリのグルメです。
カキとお味噌の風味のコラボレーションは、一度食べたら忘れられない人が続出しているそう!

いずれの料理も、カキをふんだんに利用することが出来る広島ならではの名産品と言えるでしょう。