日常のこと」カテゴリーアーカイブ

新聞勧誘が来ました

本当に苦手な新聞の勧誘

1人暮らしのフリーターが新聞を取るかというと、ほとんどの人が取っていないんじゃないかなと思うのだが、定期的に新聞の勧誘がやってくる。

一度適当に「もう取ってますから」と言ったら、「どこの新聞ですか」と聞かれたので「○○です」と言ったところ、その勧誘している新聞だったことがある。
「そうでしたか、すみません!」と言ってそのときはスムーズに帰ってくれたのだが、2週間後に「取ってないでしょ」と再訪されたときは気まずかった。

ほかにも宗教やいろいろな勧誘が来るので、基本的には出ないようにしているのだが、たまに出がけにかち合ってしまったり、荷物が来る予定があったときなど、ついうっかり出てしまうことがある。

びしっと「もう来るな!」といえない性格なので、モゴモゴしながら断っていると10分近く経過していることもあり、自分のひよわさにうんざりすることも。

先日来た新聞の勧誘はかなりしつこかった。
「○○新聞です」
「あ、大丈夫です」
「大学のなんとかで仕事をしていて、取ってもらうことでお金が○○、協力してほしい」
「余裕が無いので」
「3ヶ月でいい」
「読まないので」
「お願いします」
「……いえいいです……」
やっと帰ってくれたが、本当に辛かった。

今は新聞を取る余裕がないし、そもそも読む週間がない。
ニュースはYahooなどのホームページで主要なものはチェックできるし、新聞はものすごくゴミになるので絶対に取りたくない。
営業所に電話して勧誘の停止をしようかとも思うが、その勇気もない自分。

newspaper_01.png

新聞勧誘こぼれ話

自分はこのようにかなり気弱な対応しかできないが、強者はかなり激しく断るらしい。

友人の旦那さんは新聞勧誘が大嫌いで、来るとすごい剣幕で怒鳴り散らして追い返すのだそうだ(彼の名誉のために言っておくが、本来はとても優しい人で、夫婦仲も円満)。
勧誘に来たら即効で追い返し、営業所に電話して2度と来ないようにクレームを申し立てるので、今ではめったなことでは勧誘に来ることがなくなったらしい。

けれどある日、何を血迷ったか営業所にクレームを入れたにも関わらず、新入社員だったのか勧誘に来てしまったのだ。
妻である友人が出て応対していたが、勧誘だと気づいたご主人はものすごい勢いで走って玄関に向かった。
その様子に勧誘の人は驚いてしまい、そのまま走って逃げたのだそうだ。

面白いのがその後で、逃げたことが許せないご主人はつっかけを履いて勧誘の人を追いかけたらしい。
しかし相手のほうが早かったのと、つっかけで十分に走れなかったので追いつくことはできなかった様子。
自分のそのくらい徹底的に応対することができれば、勧誘のピンポンにここまで怯えなくて済むんだろうな。

雑貨屋でミニ噴水を購入

癒やしがほしい今日このごろ

最近いそがしく、心身ともになんとなくギスギスしている気がする。
サークルだなんだでいろいろとお金がかかるので、バイトのシフトを増やしたことと、最近シーズンなのか店がとても忙しいので疲れているのかもしれない。

温泉旅行で癒やされたいところだが、もちろんそんな余裕はないので、最近「ミニ噴水」という癒やしアイテムを購入してみた。

これは自宅に置き、水を循環させて噴水のような動きをするアイテムで、水の音が癒やしを与えてくれるのだそうだ。
海や川が大好きだし、水の音も好きなので購入してみたが、これが意外とよい癒やしになって気に入っている。

実に簡易的なつくりなのだが、水が循環すること自体が自分に大きな癒しになるようで、気づくとぼーっと水の動きを見ている。
また、寝る前につけて寝ると、水の音で癒されて、ぐっすりと眠れるのだ。

水の癒やしは科学的根拠がある

海や川に癒やし効果があるのはよく知られているが、水の音は人の心をリラックスさせてくれる効果があるらしい。
そのため、CDでもヒーリングミュージックとして水の音を取り入れているものがたくさんある。

人間は自然界が産んだ産物であり、水の音を聞くことで、人は自然から作られたということを再認識できるらしい。
それがリラックス効果につながるのだそうだ。

自分は水の音が本当に好きで、海の音も川の音も癒やされる。
海の音は、台風前の波が荒れているときはなんだかテンションが上がって元気になってしまうし、波が落ち着いて小さいときの音は、やさしい気分になれる。

川のせせらぎも癒やされるし、身近なところでいえば、風呂場で浴槽に使っているとき、ちょっと自分の手でお湯をかき混ぜる音も好きだ。
水の音と森林浴などのリフレッシュ方法には、なんだか近い要素がある気がする。

このミニ噴水、自分的には結構思い切った買い物で、6,000円以上した。
買うまではかなり躊躇したが、きっと長く使えるはず!と思って思い切って購入。
今のところ毎日使っているし、水も循環させるのでそこまで水道代が高くなるわけではないので、よい買い物をしたと思う。

水の音に癒やされるというのは、自分だけではなく人間全体にいえることで、ストレスが軽減されたり、ストレスを溜めないよう自律神経のバランスを整えてくる効果があるそうだ。
「ミニ噴水まではいらない」という人は、休みの日に近所の川や近場の海などに出かけてみよう。

水族館も癒やしスポットの代表。
水槽の中の音は聞こえないかもしれないが、あちこちで水のせせらぎの音が聞こえるはずなので、ぜひ出かけてみるとよいと思う。
川魚専門の水族館もあるらしく、意外と身近にあるようなので、チェックしてみてはいかがだろうか。

節約方法を参考にしてみる

節約できるのは光熱費と食費

不景気になってから、雑誌やテレビなどあちこちで節約の話題を耳にする。
親元にいたころは当たり前だが全然気にしていなかったけれど、やはり自活するようになってから節約しなければならないと思うことは多い。

家計には食費や光熱費、交際費などいろいろな内訳があるが、自分が思うに節約できるのは食費と光熱費がメインだと思う。
交際費などを節約する人もいるかもしれないが、20代前半でたくさんの友達と作りたい年頃で、交際費の節約はしたくない。

食費などは工夫するで減らせそうだし、何より節約術などでも食費の節約が一番話題に上っている。
そこで、光熱費や食費の節約方法をチェックしてみることにした。

money_02

身近なことからコツコツと

まず光熱費。
無駄な電気の使用をやめるというのは基本である。

自分の場合、パソコンの電源をずっと入れっぱなしにしてしまうクセがあり、よほど不安定にならない限りスリープと復旧を繰り返す。
このため、すごく無駄な電気代がかかっていると思うので、まず1日の終わり、寝る前にはパソコンの電源を落とし、コンセントの電気も切ることにした。

そのほか、ついつけっぱなしにしてしまうトイレとお風呂の電気をきちんと消すようにしたり、冷蔵庫をガバっと開けるのはやめて、少し開けて必要な物を取り出したらすぐに閉めるように気をつけている。
まだ電気代への反映は確認できていないが、きっと数百円くらい下がっているんじゃないかな?

そして食費。
一人暮らしの食費の節約で一番気をつけたいのが、「自炊をするならする、しないならしない」ときちんとメリハリをつけることだと思う。

当然毎日自炊をするのが一番の節約になるのだが、中途半端に自炊と外食を繰り返していると、自炊するために買った食材をダメにしてしまい、結果ダブルで浪費していることになってしまう。
自分はできるだけ毎日自炊をすることにした。

夜は飲食店で働いているので、まかないがある。
そうなると主に自宅で摂る食事は朝と昼。
朝はごく軽いものでいいので、バナナを食べるようにしている。

昼は、米をまとめて炊いて冷凍しておき、それに適当なおかずを合わせて食べるのだが、おかず作りにもポイントがあって、食材を一度に使いきらないようにするとよいそうだ。
端っこだけでもいいから残しておくと、次の料理のときに意外なところで役に立つらしい。

実際、食材を少し残しておくと、それらを合わせて炒めものにしたり、グラタンにしたりと活用できるので、どんなに中途半端に残ったとしても、必ず食べる分だけの材料を使って作るようにしている。

できれば家での食費は月1万円以下に抑えたい。
米を実家から送ってもらっているので、おかずと調味料だけなら、1人ぐらしで1万円はできないことはないはずだ。