自分のこと」カテゴリーアーカイブ

資格取ろうかな

需要は微妙というけれど

飲食店でアルバイトを始めて2年以上経ったので、調理師免許でも取ろうかと考えている。

調理師免許は、調理学校に行けば実務経験がなくても取得することができる資格だ。
専門学校に行かない場合は、2年以上の実務経験を経て受験資格を得ることで受験できる。
実務経験の証明として、働いている勤務先に書類を揃えてもらわなければならない。

調理師の仕事は、調理師の免許がないとできないというものではない。
食品衛生責任者の資格は必ず必要になるが、これは特に受験資格というものなはく、所定の講習を受けることで取得できてしまう。

では調理師免許は何の役に立つのかというと、技術の証明くらいのものだ。
しかし、アルバイトで調理師をしていました、といっても実務経験として不確かだし、これから本格的に調理の仕事をしたいと思ったら、やはり資格を取得してスキルをアピールできるほうが有利ではないかと思ったのである。

今第一線で活躍している料理人は、40代くらいの人が多いかと思うが、彼らのころは資格よりも経験ありきだったので、調理師の免許を取得している人は少ないかもしれない。
しかし自分と同じ年代で調理師として働いている人は、かなりの確率で資格を取得しているようだ。

まったくの未経験で飲食店のアルバイトをはじめ、ほとんど自己流で料理の知識を身につけたので、自分のやり方で本当にいいのかな、という疑問もある。
こうした不安を払拭するためにも、調理師免許は自分にとって取得する価値があるように思う。

調理師免許のいろいろ

前述したように、調理師免許がないと料理の仕事ができないというわけではないが、資格の中には栄養関連の問題も少なからずあったりして、資格取得を目標とした勉強をすることで、自分に持ち合わせていない知識を習得できると思っている。

また、今のところ予定はないが、ふぐを調理するためには専門の免許が必要になるのだが、その免許は調理師免許がないと受験できないらしいのだ。
ふぐの料理人になりたいというわけではないが、今後のことを考えて、資格を取得できるものならしておいたほうがよいのではないだろうか。

食に関する資格はほかにもいろいろある。
しかし国家資格となるとかなり限られてきて、自分に合っていると思われる国家資格は調理師免許しかない。

今後料理の世界に就職したいと思ったら、やはり今のスキルにプラスして免許があったほうが有利になると思うので、オーナーと相談しながら前向きに資格取得を検討してみよう。

合間に民間資格もチェックしてみて、これはと思う資格があれば、受けてみてもよいかもしれない。
フードアナリストの資格も気になるが、登録料に20,000円かかるというところがひっかかっている。

今までのバイト

ここまでの俺について

あまり人に誇れるようなことも持っていない俺ではあるけど、
それなりに自慢ができることとしては飲食店のバイト経験がある。

これまで学生時代からかなりたくさんのバイト職種を経験してきたけれども、
その多くが飲食店であったこともあり、
有名な飲食店の裏側はどんなふうになっているか
ということもかなり詳しいつもりだ。

ただあまり暴露っぽいことを書いてしまうと
あとが怖いので具体的なことはこのブログには書かないけれど、
飲食業界のどんなところで仕事をしてきたか
ということについては少し紹介をしてみたいと思う。

高校時代のバイト

まず高校時代に初めて勤務をした飲食業界が、
超メジャーどころの勤務先であるファストフード店だ。

家から近いところにできたばかりの某有名ファストフード店があったので、
あまり深く考えずに募集をしたらあっさりと採用が決まってしまった。

ファストフード店は制服もあるし、
髪型なんかもそんなにうるさく言われないかなと思って選んだところもあるのだけど、
仕事をするときにまずかなり注意を受けたのは清潔感ということだった。

支給される制服を着るときにはマニュアルにしたがってしっかりと着るようにして、
自己流の着こなしはするなと言われたのをよく覚えている。

仕事そのものは難しくなかったし、
超混雑するキャンペーン中とかでなければ楽なときも多かったのだけど、
何時間も勤務をしているとどうしても体全体が油臭くなってしまうので、
最初は自宅に帰ってからもずっと同じニオイがするのがちょっとしんどかった。

ファストフード店は高校生とか若い人がたくさんバイトしているので、
何がダメでどうするのがいいのかを
すごくしっかり教えてもらえてよい経験になりました。

大学時代のバイト

次に大学に入って始めたのが、
飲食店のバイトの中でも給与がよい居酒屋のバイトだった。

居酒屋バイトも全国展開しているチェーン店に勤務をしたのだけど、
料理のほとんどが本部から送られてくるレトルト品を並べるだけだったのには
ちょっとガッカリした。

ただ俺の担当はフロアだったのでビールとかチューハイとか
そういうのを素早く作ってさっさと持っていくというのが
体力的に大変なところだった。

おかげで二の腕の筋肉がついて、夜更かしが得意になった。
居酒屋のバイトの給料がいいのは、
遅い時間に勤務をするということと、
酔っぱらいを相手にしないといけないということらしい。

確かに中にはわけのわからないクレームをつけてくる客がいたり、
自分の持ち物がどれかもわからなくなるまで飲みまくる壊れた人もいたので、
対応が大変だったこともたくさんある。

それとかなり面白くやらせてもらったのが
ビアガーデンでの短期バイトだった。

ビアガーデンは最近では客寄せのために
最近はかなり大きな仕掛けやイベントをしていたりするので、
オブジェがおもしろかったり珍しい種類のビールがあったりと、
なかなか他のところでは見られなかった楽しさがあった。

ただ期間中だけだったので勤務期間は長くなかったけれども、
毎日がお祭りみたいな場所で仕事ができた貴重な期間だったなと
今でもときどき思い出したりする。

将来について

そろそろ将来を考えなきゃ

フリーターは気楽だけども、
いつまでも続く生活でもないなということは一応自覚はしている。

今はまだ20代で若いからよいけれども、
これが30代になり40代になっていったときも
こんな生活をいつまでも続けているわけにはいかないだろう。

そこでいままでのフリーター生活に区切りをつけるべく、
そろそろ正社員になるための方法を考えていきたいと思っているところ。

a0001_009334

しかし残念なことに今の職場(アルバイト先)だと、
どう転んでも正社員になれる環境ではない。

正社員の募集が全くないわけではないけれども、
それは店長クラスの幹部を養成するためのエリートコースのようなもので、
三流大学出の成績もぱっとしない
俺なんかが今から出世コースに乗ることは難しそうだ。

飲食業界で働きたい

だけども経験ゼロの職場で正社員になれる可能性もまたかなり低いもんだし、
できれば飲食店でアルバイトしてきた経験を活かせる職場はないかと調べてみた。

バイト先としては一般的な飲食業界だけども、
案外とその事業内容や業界内の動向というのはつかみづらいところがある。

同じような飲食店でも運営方法が全く違っているようなこともあるので、
その中から正社員としての勤務先を探そうとすると
、かなり情報をたくさん集めないといけなくなったりする。

そもそも、俺が今まで経験してきた飲食店の仕事というと、
フロアと厨房で注文をとってそれを運んでいくというようなことくらいなものなので、
他にどういう仕事が飲食店にあるのかということも実はよくわかってない。

いろいろ調べてみると飲食業界にはもっとたくさんの仕事があって、
それぞれ必要とされる人材もかなり違っているということがわかった。

例えば、同じ厨房のスタッフでもホテル・レストランとパテシエでは全く技術が違うし、
ホールであっても料亭やホテル内などではまた違ったスキルが必要になったりする。

俺がやってきたことも全く無意味だったわけじゃなく、
中にはかなりキャリアとして生かせそうな職種もあるみたいで安心した。

また、ネットだけでなく知人にも相談してリアルの声を聞いてみた。
俺の友人(女性)が栄養士を目指している。
同じ飲食業界を目指すものとしてどういったことをしているのか聞いてみたところ
栄養士専門の求人サイトがあるようだ。
教わったサイト:栄養士の求人情報に詳しいサイト

プロに相談してみるのもいい

俺みたいなはみだしものは
学生時代にも満足な就職活動をしてきていないので、
これから就職をしようとしても何から初めていいのかがわからない
というのが正直な感想だったりする。

そこでこういう転職支援もしてくれるサイトがあると、
自分のことを素直に登録しておくだけでプロのコーディネーターさんが
希望に近い求人を見つけてくれるというからこれはかなり便利だろう。

自分の性格はなんとなくわかっていても、
それが飲食業界の仕事にどんなふうに生きてくるか
ということは全くわからないので、
専門的な就職仲介のプロがついてくれるというのは心強い。

今後具体的にどんなふうに就職活動が始まっていくのかは
はっきりとはわからないのだけれども、
なんか意味もなく自信が満ちあふれてくるというか
「もしかしたらいけるんじゃね?」
というような気分もしている。

なんか将来が急に明るく見えてきたようだ。