料理のこと」カテゴリーアーカイブ

伊勢丹シェフが教える!黄金比のすき焼きレシピ

すき焼きはポイントを守れば誰でも美味しく作れる!

家庭でも食べることが多い、すき焼き。
冬の寒い時期は特に、お鍋の一種として、毎日のように食べている方も少なくないかと思います。

そんなすき焼きですが、少しのポイントを守ることで、誰でも美味しく、まるでプロ並みの料理を作ることが出来るそうです。
そのポイントを、伊勢丹シェフの言葉を参考にご紹介します。

基本中の基本、割り下の黄金比率は?

全ての鍋の基本部分となると言えるのが、出汁、スープの部分です。
すき焼きのスープ部分は割り下と呼ばれていますが、そんな割り下、市販のもので済ませてしまうのでは、何となく味気ないですよね。

すき焼きの割り下は、砂糖、醤油、酒、みりんを混ぜることで作ることが出来ますが、これらの調味料の黄金比率が、伊勢丹シェフによると、一人前の比率の場合、砂糖:醤油:酒:みりんで、30グラム:100cc:100cc:100ccだそうです。

この比率を守って割り下を作成することで、簡単美味しいすき焼きを作ることが出来るのだそう!
また作成する際には、全ての調味料を合わせてからお鍋に入れるのではなく、最初はみりんとお酒を鍋に入れて強火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばしてから、中火にし、醤油と砂糖を投入することもポイントなのだそうです。

野菜は下ごしらえを事前にしておきましょう

お鍋には様々な野菜を入れて楽しむという方も多いかと思いますが、沸騰しているお鍋にそのまますべての野菜を投入して、火が通った食材から順々に食べていくという荒業をやられている方は、少なくないかと思います。
確かに簡単に調理をすることが出来ますが、伊勢丹シェフによると、事前にちょっとの下ごしらえを行い、それぞれの野菜を、それぞれのベストタイミングで投入するだけで、見た目も美しく、効率も良く、食欲がそそられるお鍋になるそうです。

例えば、火が通りにくい玉ねぎの場合は、玉ねぎを事前に電子レンジにかけて置き、そのまま食べることが出来るような状態にしておいたり、焼くことで味に深みが出る長ネギの場合は、牛脂で炒めて焦げ目をつけることで、より美味しく、より深みのある味わいを楽しむことが出来るでしょう。

これらは特に、好みで分かれる部分ですので、色々と調理方法を試してみて、自分だけのすき焼きオリジナルレシピを作成するのも、料理を楽しむポイントと言えるでしょう。

食べるときにも好みが分かれますが、伊勢丹シェフによると、割り下が完成し、お肉を入れたら、野菜を入れてしまう前に、まずはお肉だけを食べることで、お肉本来の美味しさを堪能することが出来るそうですので、一度で二度も三度も美味しいすき焼きを楽しみたい方にはピッタリです。

流行りの鍋 3選

冬の寒い時期に食べたい料理と言えば…

冬、寒い外から帰ってきた後に食べたくなる王道の料理と言えば、やっぱりお鍋です。
様々な種類、様々な食材を入れることが出来るからこそ、一人でも、大人数でも楽しむことが出来る、歴史ある食べ物の一種ですが、そんなお鍋の、近年の流行りの種類はご存知でしょうか?
毎年同じお鍋で飽きてしまっているという方にもおすすめの、流行りのお鍋三選をご紹介します。

マウンテン肉鍋でお肉と野菜をたっぷり食べる

お鍋の主役と言えばやっぱりお肉ですが、お野菜と一緒にバランスよく食べることが健康のためには大切です。
そんな栄養バランスまでこだわり抜いて、健康に良いお鍋を食べたい方に人気のお鍋が、マウンテン肉鍋です。

マウンテン肉鍋とは、その名の通り、お肉を山のように積み上げて鍋の中に投入し、その山の中や周りに、キャベツなどの野菜類を一緒に積み上げた、今にも崩れそうな独特の見た目を誇るお鍋のことを指します。
豚肩ロースやバラ肉でお肉の山を崩さないように、強固に固めてる部分が大きなポイントのお鍋として知られています。

一見富士山のような独特な見た目、インパクトがありますので、大人数を招いて行う際にも、盛り上がること間違いなしのお鍋と言えるでしょう。

とにかくお肉だけを食べたいなら、塊肉鍋で決まり

とにかく大きなお肉をがっつりと食べたいというのであれば、やはり塊肉鍋がおすすめです。
塊肉鍋とは、骨付きの豚の塊肉などを、切らずに塊のまま焼き上げ、鍋の中に投入するお鍋のことを指します。

こちらのお鍋も野菜を投入することももちろん可能ではありますが、やはりその塊のお肉が大きな特徴で、近年では、一人鍋をする際にも人気種類のお鍋として知られています。
焼き上げたお肉を投入することでお肉のジューシーさがアップし、更に肉肉しい食べごたえと肉汁を満喫することが出来るでしょう。

パクチー好きならどっさり草鍋で美味しく健康維持

手軽に作ることが出来る上に、高い健康効果まで得ることが出来るお鍋が、草鍋です。
この草鍋には、サムゲタン風味のお出汁にパクチーをどっさりと入れて作り上げるお鍋で、パクチー好きな方、エスニック料理が好きな方には、正にたまらないお鍋だと言えるでしょう。
お好みで骨付き鶏肉などを入れても、美味しくヘルシーに食べることが出来ます。

パクチーは、便通改善効果、デトックス効果、胃腸修復効果などを始めとした、様々な健康効果だけではなく、美容効果なども期待できる商品として知られていますので、老若男女問わずに、おすすめの食材です。
お鍋を食べながら、健康維持、健康促進効果を得たいという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

女性視点からの料理が出来る男って

料理ができる男はモテるのは嘘?

以前は料理ができる男はモテると言われていましたが、最近はこの定説は間違いなのではないかと思われているようです。
テレビ番組でも得意な料理を披露している男性俳優やタレントを見かけることが多くなりましたが、一般男性でも料理が得意だという方が増えたため、女性にとっては大きなプレッシャーがかかる場合もあり、あまりにも料理が上手すぎる男性は敬遠される傾向が強くなっています。
かといって、全く料理ができない男性よりも、そこそこ料理ができた方が良いとされているので、理想としては丁度良いレベルで料理ができる男性が理想的というのが本音のようです。
ここでは女性視点からの料理が出来る男はどう見られているのかを確認してみましょう。

参考:料理ができすぎる男はモテない?女性が求める「丁度いい料理男子」とは

何かと口うるさい人が多い

自分は料理が得意なのに、彼女があまりにも料理が下手だと口うるさく指導するという男性も多いようです。
女性としては女としてのプライドもあるので、料理のことであれこれと口出しして欲しくないと感じる方が多いものです。
やり方が間違っていたからといってうるさく指導されると気分を害するのも当然なので、何か気になることがあればやんわりと言うようにするなどの配慮が必要になります。

お金に糸目をつけない原材料

男性は食材の費用についてあまり考えずにこだわりの料理を作る傾向があるようです。
どちらかといえば女性の方が現実的なもので、1円でも安い食材を求めて買い物をしているというのに男性は高級食材を簡単に買ってきては料理をしようとするのを見ていると腹立たしく感じるとの意見が多いです。
確かに高い食材を使うと出来上がる料理も美味しいでしょうが、費用対効果を考えて料理を作ってもらわなければあっという間に予算オーバーになるという現実を知ってもらいたいものです。

自分の料理を自慢したがる

出来上がった料理をわざわざSNSに投稿し、周囲の人から賞賛される度に喜びを感じているという男性も多いです。
確かに美味しそうな料理を作っているとスゴイなと素直に感心できるものですが、あまりにも連日続くと相手にするのが嫌になってくるものです。
そんなに料理自慢をして優越感に浸っている男性なんて嫌だと嫌悪感を抱く女性も多いです。
自分の彼ならまだしも、男友達という関係ならそのうちコメントを寄せることすらなくなってスルーされることも多いです。

丁度良い理想の料理男子とは?

あまりにも料理が上手すぎる男性は嫌だけど、全く料理ができない男性も嫌なので、丁度良い料理男子が理想的と考えている女性が多いことはわかりますが、丁度良いとは具体的にどの程度なのかが微妙な表現でよく伝わりません。
人それぞれ考え方は異なるものですが、料理を作ろうとする意思はあっても毎回上手に作れるわけではなく、たまには失敗をしながら料理を作っているという男性が理想的と考える女性が多いようです。